アコム審査ガイド!審査基準や審査時間など気になるポイントを解説

アコムで借入をしたいけれど、審査内容がわからない、急いでいる時にも間に合うのか審査時間が知りたいなど、審査に関連する不安の声は多く聞かれます。審査が甘いのか厳しいのか、審査基準が気になる方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、アコムの審査内容や審査時間、審査基準など、審査について詳しく解説します。不安を解消するためにも、申し込み前にチェックしてみてください。

アコムの審査に申し込む前に知っておきたいポイント

アコムの審査に申し込む前に知っておきたいポイントを紹介します。ぜひ事前に確認してから申し込みを検討してください。

アコムに申し込むために最低限満たす必要がある3つの条件

アコムに申し込むためには、最低限以下の3つの条件を満たしていなければいけません。

  • 20歳以上69歳まで
  • 安定した収入と返済能力を有する
  • アコムの基準を満たす

未成年や70歳以上の人は、融資の対象になりません。

お金を借りたら返す必要があるため、安定した収入と返済能力が必要です。安定収入と言われると難しいイメージがあるかもしれませんが、仕事をして毎月同じくらいの収入を得ていれば審査に通る可能性があります。

無職で仕事をしていない、短期のアルバイトのみを繰り返しているなど、継続した収入がない場合は借入が難しいと言えます。

アコムにはアコム独自の審査基準があるため、審査基準に合っていると判断されなければ借入はできません。

アコムに限らずどのカードローンの発行元も審査基準を公開していませんが、アコムの基準を元に安定収入と返済能力があると判断されれば、借入は可能です。

アコムの審査は甘いのか厳しいのか利用者の口コミを元に確認

審査に落ちるのは誰でも嫌なものなので、アコムの審査は甘いのか厳しいのか気になる方も多いのではないでしょうか。アコムの審査難易度について、利用者の口コミを元に確認しましょう。

アコムの審査に関しては、甘いという意見と厳しいという意見があります。まずは甘いと感じた人の意見から見てみましょう。

  • 無理だと思っている人も審査をする価値がある業者だと思う
  • すぐに20万円で可決されたので審査が甘いのかなと感じた
  • 水商売でも10万円の枠がもらえた
  • 初めてで水商売なのに30万円融資してもらえた
  • どこからも借りられず困っていたら希望額より低かったが審査には通った
  • 他社で落ちたが審査に通った
  • ダメだと思っていたのに希望より高い限度額で契約できた
  • アコムは甘いと思った

次に、厳しいと感じた人の口コミを紹介します。

  • アコムで落ちたのに別の業者では通った
  • 他社から借入があるからか審査に通らなかった
  • 金融会社でお金を借りたことがないのに審査に落ちた
  • 事故もないのに借りられなかった
  • アルバイトだと借入が難しいと思った

甘いと感じた人も厳しいと感じた人もいました。アコムの基準に合っている人はアコムの審査を甘いと感じ、アコムの基準に合わなかった人は厳しいと感じている様子が確認できます。

アコムに限らず、どの借入先も審査が甘いところはありません。それぞれが自社の基準を元にきちんと審査を行い、基準に合っている人にだけ融資を行っています。

アコムの評判については、「アコム評判」の記事で実際の利用者の口コミを集めて紹介しています。多くの利用者のリアルな声が気になる方は、ぜひチェックしてください。

審査が甘いわけではないがアコムの審査通過率は大手の中で最も高い

アコムは自社の基準に合わせてきちんと審査を行っていて、実際に審査に落ちた人もいます。そのため審査が甘いとは言えませんが、他の大手消費者金融と比較すると審査通過率が高いという特徴があるのは事実です。

審査通過率とは、申し込んだ人の中でどれだけの人が審査に通ったかを表す数字です。審査通過率を公表している大手消費者の数字と、アコムの数字を比較してみましょう。

記事記載時点で最も新しいデータである、2021年6月時点の審査通過率を紹介しています。

消費者金融 審査通過率
アコム 42.4%
プロミス 39.3%
レイクALSA 36.2%
アイフル 36.8%
SMBCモビット 非公表

アコムは8月までの審査通過率もすでに公表していますが、7月は41.5%、8月42.6%といずれも40%を超えています。アコムの基準で審査をすると、他の業者よりも審査に通る人が多い可能性はあります。

アコムに申し込む時の審査の流れを確認しよう

アコムでは、申し込みを済ませたら順次審査が開始されます。アコムの申し込み方法は、以下の通りです。

  • インターネット
  • 店頭窓口
  • 無人契約機(むじんくん)
  • 電話
  • 郵送

急いでいる時は、郵送以外の申し込み方法を選ぶと便利です。

申し込みの際に記入した情報を元に、以下の流れで審査が行われます。

1、申し込みを終え必要書類を提出する
2、書類の確認・在籍確認・信用情報の確認が行われる
3、審査結果の連絡を待つ

審査内容の詳細については、後ほど詳しく見ていきましょう。

アコムでは必要書類を提出できないと審査に通らない

アコムでは必要書類を提出できないと審査に通らないので、注意が必要です。

アコムの審査では、以下の書類の提出が求められます。

書類の目的 書類の種類
本人確認書類 運転免許証
健康保険証
パスポート
マイナンバーカード
永住権の記載がある在留カード
特別永住者証明書
収入証明書類 源泉徴収票
市民税・県民税額決定通知書
所得証明書
確定申告書・青色申告書・収支内訳書
給与明細書

本人確認書類は本当に本人が借入をしようとしているのか確認し、なりすましなどの犯罪を防ぐ目的で使用されます。アコムでは、申し込み方法によって必要とされる本人確認書類の点数が以下のように異なるので、注意しましょう。

  • スマホアプリからかんたん提出:本人確認書類1点のみ
  • インターネット、FAX、郵送で提出:本人確認書類が2点必要

本人確認書類が2点必要な場合に1点しか持っていない人は、以下の補足書類の提出が必要です。

  • 住民票の写し
  • 公共料金の領収書

収入証明書類は、返済ができる収入がある裏付けを取り、融資が法律の範囲内に収まっているか確認するために提出が求められます。アコムなどの貸金業者が守っている貸金業法という法律には、収入に関連して以下のようなルールがあります。

  • 申込者の年収の3分の1を超える融資を制限する(総量規制)
  • 収入を証明する書類の提出が必要な場合を決めている

収入を証明する書類を提出しなければいけないのは、以下のどちらかに当てはまる場合です。

  • アコムでの借入希望額が50万円を超える
  • アコムでの借入希望額と他社での借入総額を合わせると100万円を超える

求められる書類が提出できないと審査に通らないので、きちんと準備してから審査に臨みましょう。

アコムでは一度審査に落ちた後での再申し込みも可能

一度審査を受けて落ちたら、再度申し込んでいいのか不安に思う方もいるかもしれません。業者によっては再申し込みができないところもありますが、アコムの場合は一度審査に落ちても以下の条件を満たしていれば審査に受かる可能性があります。
  • 前回の申し込みからある程度の時間が経過している
  • 前回の申し込みで審査落ちの原因になった部分が改善されている

アコムは毎回同じ基準で審査をしているので、審査に落ちてすぐに申し込んだり前回と同じ状態で再申し込みをしたりしても審査には通りません。

前回申し込んだ際の問題点が改善され、安定した収入と返済能力があると判断してもらえる状態になっていれば、借入も可能です。

アコムの口コミを確認すると、以下のように審査落ちした人が再度申し込んで審査に通ったケースが見られました。

  • 1年前に申し込んだときは審査に落ちたが今回ダメ元で申し込んだら借りられた
  • 審査に落ちた後1か月あけて勤続2か月になるのを待って申し込んだら可決された

1年経ったら審査に通ったのは、以前とは状況が変わっていたからだと考えられます。もう1件の口コミからは、勤続年数が足りずに審査に落ちた人が、勤続年数に問題がなくなったら審査に通ったことがわかります。

アコムの基準で安定収入と返済能力があると判断される状態になれば、一度審査に落ちた人でも審査に通る可能性があります。

アコムの審査内容を詳しく確認しよう

アコムの審査の流れの中で行われる以下の3つの審査内容について、詳細を紹介します。

  • 書類の確認
  • 在籍確認
  • 信用情報の確認

どのような審査が行われるのか、チェックしてみてください。

書類の確認では記入された項目を元に総合的に審査結果を出す

書類の確認では、記入された項目を元に、総合的に審査結果を出します。アコムで申し込みの際に入力を求められるのは、以下の項目です。

情報の種類 項目
申込者の情報 名前・生年月日・旧姓・性別・独身か既婚か・メールアドレス
自宅の情報 住所・電話番号・住居の種類・入居年月・家賃や住宅ローンの負担の有無
家族の情報 世帯主かどうか・同一生計人数
仕事の情報 勤務形態・勤務先の電話番号・住所・会社名・事業内容・職種・入社年月・収入形態・税込年収・給料日・保険証の種類・保険証の区分・所属部署(任意)
他社借入状況 他社からの借入額
借入希望額 借入を希望する金額

たとえば自宅が持ち家なら引っ越しの可能性が低いので連絡がつきやすい、独身なら家族がいるよりもお金に余裕がありそうなど、全体的に見て審査に通すか、どれくらいの金額を融資できそうか決めます。

中でも特に審査結果に影響を与える項目があるので、詳しく見ていきましょう。

書類に記入された内容の中でも特に審査結果に影響を与える項目

書類に記入された内容の中で特に審査結果に影響を与えるのは、以下の項目です。

  • 連絡先や住所
  • 仕事に関する情報
  • 他社借入状況

アコムから借入する場合は、本人確認や審査結果の連絡が必要です。万が一返済が遅れたときの督促など、連絡をしなければいけない場面が多いため、連絡が取れる連絡先がない場合や住所が不定の場合は審査に通りません。

仕事に関する情報は安定収入に直接関係するので、審査結果に大きく影響します。仕事をしていない場合は申し込み条件を満たしていないため、申し込んでも審査に通りません。

勤続年数が少ないと、すぐに仕事を辞めるかもしれないと思われて審査に通らない可能性があります。

給与が歩合制で月々の変動が大きい場合や短期のバイトをしている場合、派遣元に登録していても派遣先が決まっていない派遣社員などは、収入が安定しているとみなされない可能性が高いので注意しましょう。

年収の高さよりも、毎月同じくらいの収入を得ているかが重要です。安定収入があるとみなされれば、アコムでは正社員はもちろん以下のような勤務形態の人も借入ができます。

  • 派遣社員や契約社員
  • アルバイト
  • パート
  • 自営業者や個人事業主

他社からの借入額が多いと、以下の2つの理由で審査に通らない可能性が高くなります。

  • 総量規制の範囲を超える
  • 返済能力がないと思われる

法律の範囲を超える可能性があると、借入はできません。

在籍確認では主に勤務先に電話をする方法で収入の裏付けを取る

在籍確認とは本当に収入を得ているか裏付けを取るために勤務先の確認をすることで、アコムの在籍確認は主に勤務先に電話をする方法で行われます。

借入をするために架空の職場を記入するなどの問題が起こる場合があるため、連絡を入れて裏付けを取っているのです。

在籍確認は必ず行われますが、勤務先の状況によっては在籍確認を電話以外の方法にしてもらえる可能性もあります。以下のような職場に勤めている人は、申し込みを終えたらすぐにアコムに相談しましょう。

  • 普段電話がかかってこない職場
  • 私用電話が禁止されている職場
  • プライバシー保護の観点から内部の人間の情報を答えない職場

アコムの在籍確認については「アコム在籍確認」の記事で詳しく紹介しています。

信用情報の確認とは個人信用情報機関に保管されている情報のチェック

アコムの審査で行われる信用情報の確認とは、個人信用情報機関と呼ばれる機関に保管されている、個人の借入に関する記録(信用情報)をチェックすることです。信用情報とはどのような情報なのか、具体的な項目を見てみましょう。

国内には個人信用情報機関が3つありますが、今回は株式会社日本信用情報機構という個人信用情報機関を例に内容を紹介しています。情報の名称や詳細は異なりますが、他の2つの機関で扱われている情報も同じような内容です。

情報の種類 内容
申込に関する情報 誰がどのローンに申し込んだかに関する情報
契約内容に関する情報 契約の種類・契約日・契約金額・貸付金額など
返済状況に関する情報 入金日・入金予定日・残高金額・完済日・延滞など
取引事実に関する情報 債務整理・保証履行・強制解約・破産申立など

信用情報を見ると、誰がいつローンの申し込みをしたか、どのような商品を利用していていくら借りているか、返済状況に問題はないかなどがすべてわかります。

カードローンの発行元は、銀行も含めて3つの個人信用情報機関のいずれか1つまたは複数に加盟しています。

カードローンの発行元は、加盟している個人信用情報機関に利用者の情報を提供して、申し込みを受けた際には情報の照会をして必要な情報を受け取る仕組みです。3つの個人信用情報機関は情報交流ネットワークを持っていて、必要な情報を共有しています。

借入額に関しては貸金業法の決まりなので、銀行カードローンには関係ありません。貸金業法に関連する2つの個人信用情報機関は、貸金業法を守るために必要な情報を共有しています。

延滞や債務整理の記録などは、返済能力を知る上で欠かせない情報です。支払いに関する情報は、3つの個人信用情報機関で共有しています。

借入額と返済状況に問題があれば審査には通らない

信用情報の確認が問題となって審査に落ちる可能性があるのは、以下のような場合です。

  • 借入額が多すぎる場合
  • 返済状況に問題がある場合
  • 短期間に何件もカードローンに申し込んでいる場合

借入額が多すぎと、先程紹介した総量規制の範囲を超えてしまいます。法律の範囲を超える融資はできないため、借入額が多すぎる場合は審査に通りません。

延滞している借入がある、債務整理の経験があるなど返済状況に問題がある場合は、返済の雨量があるとは言えないため審査に通らない可能性がかなり高いと言えます。一定の年数が経てば情報は消えますが、情報が登録されている限りは審査にはなかなか通りません。

短期間に何件もカードローンに申し込んでいると、よほどお金に困っているのだと思われて、返済能力がないと判断されてしまいます。半年以内に何件も申し込みをしていると、記録が残っているため審査に通りにくい状態になっています。

申し込みの情報は半年で消えるため、半年待ってから申し込むと審査に通る可能性があるので、立て続けに申し込んだ人は少し期間を開けてから申し込みをしましょう。

延滞に関してはカードローンだけではなく他の借入も関連するので注意

支払いに関する情報は3つの個人信用情報機関で共有していますが、延滞など返済上の問題(異動情報と呼ぶ場合も)はカードローンだけではなく以下のような借入がすべて関係するので注意しましょう。

  • クレジットカードでのショッピングやキャッシング
  • 分割払いで払っている商品の代金

たとえば月々の携帯電話の料金に端末の分割代金が含まれている人が携帯電話の料金を滞納すると、端末の費用の支払いが滞ったことになってカードローンの審査に通りにくくなります。

個人信用情報に登録された支払いの問題に関する情報は、5年間は消えません。自己破産の場合、借入先によっては10年記録が残ります。記録が消えるまでは、借入ができないケースがほとんどです。

利用者の声を元にアコムの審査時間を検証

アコムで借入をしたい人の中には、急いでお金を借りたい人もいるのではないでしょうか。アコムの審査時間は最短30分ですが、実際にはどれくらい時間がかかるのか、利用者の口コミを元に確認しましょう。

利用者の口コミによるとスピーディーな審査が可能な場合が多い

審査時間に関する利用者の口コミを紹介します。まずは審査回答までの時間をチェックしましょう。

  • 無人契約機で入力を終えてから20分くらい
  • 無人契約機で40分程度
  • 1時間かからなかった
  • 1時間程度
  • 2時間程度
  • 3時間程度
  • 半日程度
  • 審査スピードに驚いた

審査回答までの時間は、長くても半日程度の人が多く見られました。特に「1時間かからなかった」「1時間程度」という声が多い印象です。アコムでは、スピーディーな審査も可能だとわかります。実際に審査スピードに驚いたという声もありました。

ただし、誰でもスピーディーな審査が可能なわけではなく、混雑具合や審査状況によっては時間がかかる場合もあるので注意しましょう。

次に、借入までの時間に関する口コミを紹介します。

  • 1時間程度で借りられた
  • 2時間程度で契約できた
  • 半日で借りられた
  • 1日程度かかった
  • 即日対応で助かった

借入までの時間に関しても、即日対応してもらえたという声が多く見られました。審査上問題が無ければ、スピーディーな借入も期待できます。

アコムで急いで借りたい場合におすすめの申し込みの流れをチェック

アコムで急いで借りたい場合は、以下の流れで申し込みましょう。

1、インターネットで申し込む
2、自動契約機(むじんくん)または店頭窓口に出向く

インターネットで申し込んでから来店すれば契約までの時間が短縮できると、アコムの公式サイトで案内されています。近くに自動契約機(むじんくん)や店頭窓口がない場合は、審査結果を知らせるメールが届くのを待ってインターネット上で契約しましょう。

アコムの審査が不安な時に試したい審査に通りやすくするコツ

アコムの審査が不安な場合には、少しでも審査に通りやすくなるよう対策を立てる必要があります。

どうすれば審査に通りやすくなるのか、詳しく見ていきましょう。

申し込みの際には情報を丁寧に正確に記入する

申し込みの際にミスが多いと正確な審査ができない可能性があるため、申し込む際には情報を丁寧に正確に記入しましょう。

書類を見ながら審査を行う際、ミスが多いと確認に時間が取られてスムーズに審査が進みません。不正確な部分が多いと、間違えたのか借入をしたいために意図的に嘘を記入しているのか判断がつきにくいことから、審査に通らない可能性もあります。

インターネットで申し込む場合には、手軽だからこそ入力ミスが起きやすいものです。入力した後、見直してから提出しましょう。手書きで申込書を記入する場合は、読みやすいように記入する必要があります。

合わせて、必要書類もきちんと用意して提出しましょう。本人確認や収入の確認など、書類には重要な意味があります。提出できないと審査ができないので、忘れないように用意しましょう。

在籍確認がきちんとできるよう準備する

在籍確認ができないと、収入があるかどうか確信が持てないため審査に通らない可能性もあります。

実際に、アコムの口コミの中には「水商売なので、プライバシー保護のために電話を取った人が気を利かせてそのような人はいないと言ってくれたら審査に落ちてしまった」という声がありました。

水商売でも審査に通ったという口コミが何件か見られたため、在籍確認が問題だったと考えられます。

在籍確認が不安な場合は、事前に相談してアコムの指示を仰ぐと安心です。

借入希望額を年収の3分の1よりも低く申請する

借入希望額を年収の3分の1よりもかなり低く申請すると、審査に通りやすくなる可能性があります。法律の関係でアコムが貸せるのは、申込者の年収の3分の1までです。

法律で決められたギリギリの金額よりもかなり低い金額を希望すると、余裕を持って返済できるため審査に通りやすくなるケースが見られます。

たとえば年収90万円の人が年収の3分の1ピッタリの30万円借りるのと、年収の9分の1の10万円借りるのとでは、返済の負担がかなり違います。返済能力も審査で見られるため、返済しやすい状況の方が借りやすいのです。

単純に金額が低ければいいのではなく、自分の年収を元に借入額を考得る必要があります。後から増額してもらえる場合もあるので、念のためと高めの金額を申請するのではなく、本当に必要な金額で申し込むようにしましょう。

アコムの審査結果が出るまで別の業者に申し込まない

アコムで借入をするのなら、アコムの審査結果が出るまでは別の業者に申し込まないようにしましょう。

アコムの審査に通るか心配だからと複数の業者に申し込むと、個人信用情報機関に申し込みをした情報が残ります。あちこちに申し込んでいるとお金に困ってどうしても借りたがっていると思われて、審査に通りにくくなるため注意が必要です。

アコムの審査結果が出るまではそれほど時間がかからないので、万が一落ちた場合に次に申し込むようにしましょう。

ACマスターカードの審査も基本的にはカードローンと同じ

アコムには「ACマスターカード(カードローン付き)」という、アコムのカードローンとクレジットカードが一つになったカードもあります。

一部の自動契約機(むじんくん)なら最短即日発行も可能で、クレジットカード機能を利用すると毎月の利用金額から0.25%自動でキャッシュバックされるメリットもあるカードです。

ACマスターカード(カードローン付き)の審査の流れや審査に関する口コミをチェックしましょう。

ACマスターカード(カードローン付き)の発行までの流れ

ACマスターカード(カードローン付き)の発行までの流れは、以下の通りです。

1、アコムの公式サイトから申し込む
2、届いたメールから必要書類を提出する
3、審査結果の連絡が届く
4、届いたメールから契約手続きをする

アコムのカードローンを申し込む場合と同じ流れで申し込めます。

すでにカードローンを契約している人は切り替えも可能

すでにカードローンを契約している人は、切り替えが可能です。切り替えの方法には以下の3種類があります。

  • インターネットのマイページ「ACマスターカードへのお切り替え」ボタンから手続き
  • 店頭窓口・自動契約機(むじんくん)に本人確認書類を持参して手続き
  • 電話で連絡して書類を取り寄せて郵送で手続き

手続きは簡単なので、すでにカードローンを契約している人でクレジットカード機能を付けたい人は申し込んでみましょう。

ACマスターカードの審査に関する口コミもチェックしよう

ACマスターカード(カードローン付き)の審査に関する口コミもチェックしましょう。

  • ダメ元で申し込んだら通った
  • 別のクレジットカード会社で否決されたのにどちらも10万円で発行できた
  • 年収86万円のパートでショッピング20万円カードローン10万円のカードがもらえた
  • クレジット40万円カードローン10万円から両方90万円にアップした

クレジットカードのショッピング機能は総量規制には影響しないので、年収86万円のパートの人でも両方の機能がついたカードを発行できています。他のクレジットカード会社で落ちたのに通ったという声も見られました。

カードローンと同様にアコムの審査が甘いわけではありませんが、不安に思っていても審査を受けたら通る可能性もあると考えられます。

ただし、返済に遅れがある、収入がないなどの理由があればまず審査には通りません。

貸金業法に基づく借換え専用ローンは総量規制の対象にならない

アコムには、貸金業法に基づく借り換え専用ローンもあります。借り換え専用ローンは複数ある借入をまとめたり総量規制の範囲を超える借入をしたりしている人を対象として、返済を進めるために利用するローンです。

返済を進める目的があるため、追加の借入はできません。

貸金業法に基づく借換え専用ローンの契約までの流れ

貸金業法に基づく借換え専用ローンの契約までの流れは、以下の通りです。

1、フリーコールに電話する
2、案内に従って必要なものを用意して店頭窓口または自動契約機(むじんくん)に行く
3、その場で審査結果が確認できる
4、契約したらアコムが他社に振り込んでくれるのでその後はアコムに返済をする

借り換え目的のローンであっても、審査は行われます。返済できるだけの収入がないと思われれば、審査に通らない可能性もあります。

貸金業法に基づく借換え専用ローンの審査に関する口コミ

貸金業法に基づく借換え専用ローンの審査に関する口コミには、以下のようなものがありました。

  • アルバイトでもまとめられた
  • 返済回数は増えたが支払回数が減ったので良かった
  • 利息が下がればおまとめの相談もしたい

貸金業法に基づく借換え専用ローンも、利用者の印象が良い様子が伺えます。

アコムの審査のポイントは安定収入と返済能力あがるか

アコムの審査のポイントは、安定収入と返済能力があるかどうかです。毎月同じくらいの収入を得ていて、借入が多かったり返済が滞っているお金があったりなどの問題がなければ、それほど不安に思う必要はありません。

アコムの審査基準に合っていれば、借入が可能です。

審査時間もかなり短くスピーディーなので、急いでいる時にも向いています。

申し込みの際に不備があると審査基準に合っていても審査に通らない可能性があるため、申し込みの情報は正確に記入し、必要書類を用意しておきましょう。

不安がある場合はコールセンターに相談して、不安を解消してから申し込みをすると安心です。

閉じる
閉じる